セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

脱毛ワックスと脱毛テープ

脱毛剤の一種である脱毛ワックスは、ワックスについたムダ毛を抜き取るタイプの脱毛剤です。ワックスを暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置して毛ごと固まったら一気に剥がします。足や腕などの広い範囲の毛を一度に抜き取ることができ、脱毛クリームと違って毛根から抜くことができるのが特徴です。長さが2ミリぐらいある毛や、しっかり生えている毛を一度に脱毛してしまいたい人に向いているのがこの脱毛ワックスです。脱毛ワックスを使った場合、しばらくするとまた毛が生えてきます。なぜなら、毛根部まで抜いたわけではないからです。皮膚の再生が早い人の場合、埋没毛になることや、肌表面が鳥肌状になることもあります。

個人差がありますが、脱毛テープを使用する際は、脱毛テープを剥がすと強い痛みを伴うことがありますが、慣れてくれば、その痛みはほとんど感じないようになるかもしれません。人によってはいつまでも慣れることのない痛みであることも脱毛テープの場合はあるようです。脱毛テープを使用した後、毛抜きを使った時のように肌が赤くなることもあります。皮膚を傷つけてしまうことが剥がす時にあるかもしれません。そうすると、かぶれたり、腫れたりする可能性もあります。いろいろな種類の脱毛剤がありますが、脱毛ワックスの中には薬品を全く使わないものも販売されています。脱毛の際に薬品かぶれを起こしてしまう人、肌の弱い人は、こちらをまず使ってみるといいでしょう。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ムダ毛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。