セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

自分でできる脇毛の脱毛方法

自分でできる脇毛の脱毛方法にはさまざまなものがあります。ポピュラーな方法の一つに、かみそりやシェーバーの使用があります。ムダな毛を残らずそり落とすのです。脚や腕のように広範囲な部位に対しては早く簡単に自分で脱毛処理ができます。

しかし、脇毛の場合は脚や腕のムダ毛と比べると濃く太い毛になっています。完全な脇毛の脱毛処理をすることは、かみそりやシェーバーでは困難です。毛の断面が太くなると、逆に皮膚に埋もれた部分が目立つようにもなります。比較的きれいに脱毛処理をする方法としては、毛抜きがあります。これなら皮膚に毛が埋もれて残ることはありません。

自宅で可能な脇の毛の処理としては、脇毛を脱色し目立たなくするものや、脱毛シートやクリームで毛を溶かすというものもあります。脱毛クリームや脱色などの方法では、肌に負担になり肌荒れの原因となることがあります。脱毛処理をしても、皮膚の下にある毛根が残っている限りは、どんどん新しい毛が作られ伸びてきます。新しい脇毛が生える度に頻繁に剃っていては、肌への負担が増すばかりです。皮膚が薄くなり湿疹ができることもあります。肌荒れが起きてしまっては、せっかくきれいな肌を保つべくこまめに剃毛をしていても逆効果です。対策としては、脱毛処理後は敏感な状態になっている肌にスキンケアを正しく行い、肌への負担を最低限に留めるようにすることです。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ムダ毛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。