セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

まつげパーマはまつげを傷ませる

最近ではまつげにもパーマやエクステが存在します。まつげへのダメージを考えるなら、毎日のビューラーより一度のパーマの方がいいともいわれます。どちらの方法を用いても、まつげへのダメージは避けられません。また、美容師の資格や特別な技術認定がなくても、まつげパーマを人に施すことは禁止されていません。

極端な話ではありますが、店舗で研修さえうければ素人でも施術をすることが可能なのがまつげパーマなのです。資格によって技術の度合いを知ることができないので、まつげパーマの施術先を選ぶ時は実績や口コミなどの情報を収集した上で、納得のいくところを選ぶべきです。他店で思うようにいかなかったパーマのつけ直しや修復が可能なことをうたい文句にしているサロンもあるようです。

まつげパーマの場合、必ずしも思い描いた通りの理想的なカールになるとは限りません。パーマ用の薬品と合わずにまつげが一部縮れてしまったり、カールの角度がうまくいかず不自然さが強調されることもあります。まつげパーマにはデメリットも存在するのです。まつげにパーマを当てると多少なりともまつけが傷むので、何度もパーマを当てているとまつげへのダメージが蓄積されていきます。まつげはケアのしすぎやパーマのあてすぎで痛めてしまうこととのないよう気をつけましょう。健康的なまつげを目指したいものです。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。