セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

にきび予防になる洗顔法

適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮するのです。顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、にきびを防ぐ上で大変有効なのです。にきび予防の際の洗顔料は肌への刺激が少なく、余計な添加物がなるべく入っていないものが望ましいです。

にきびをケアするなら洗顔料は弱酸性のものがよく、それは人の肌がもともと弱酸性なため、弱酸性ならPH値を乱して肌に負担をかけることがないからです。洗顔するときは、お湯は33℃〜37℃あたりのぬるめにし、はじめに肌を十分ぬらしてた洗いをしておきます。このぬるま湯であることが効果を生み、ざっと汚れを落としながら毛穴を開かせ、さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。肌の潤いを失わないため、皮脂を落としすぎないためにも、お湯は熱すぎないほうがいいのです。

この下洗いで、汚れはすでに7割も落ちていて、また肌が乾燥する人は、もっと塗るめのお湯を使ってもいいでしょう。下洗いが済んだら洗顔料を使って洗いますが、このとき泡をしっかり立てるようにしましょう。にきびの予防には洗顔料の泡をしっかり立てることが重要で、泡が弾力のあるクリーム状にまでなると、細かい粒子が出来上がり、これが毛穴の中に入り込んで汚れをしっかり落としてくれるからです。洗うときごしごしこすってはだめで、手は触れず、泡が転がるような感じで洗いましょう。すずきは、肌に洗顔料が残ってしまうと、にきびの原因になるので、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽く叩く感じで顔を拭きます。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。