セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

ダイエットのリバウンドについて

体の限界を超えたダイエットにより、急に食が増えたり逆に減ってしまったり、ココロとカラダのバランスが変化して、カラダに変調が起きて自分でコントロールできなくなり食事が進んでしまう。これがリバウンドです。

ストレスからリバウンドすると、ダイエットを開始する前よりも体重が増加してしまい、さらにストレスがたまり、精神的負担から嘔吐を繰り返す方もいます。このように、がんばっている自分を責めてしまったら、せっかく痩せようという努力が無駄になってしまいます。

実際には、無謀なダイエットにより食事が思うようにできなくなり、太りたくても太れなくなってしまい、病院での治療をせざるを得ないというケースも少なくないようです。本来、食べると言う事は、恐怖ではなく、楽しいことなのです。仲の良い友達とたのしく食事を食べたりお酒を飲むのもいいものです。

本来楽しいはずの食事を無くしてしまっては、ダイエットの意味がありません。食べることを楽しみながら、内面も磨く努力をする。そうすることで、本来の素敵なプロポーションや憧れていた洋服が待っていると思うのです。無理は禁物です。ストレスをかけないようにマイペースが大切です。少しぐらい、寄り道してもダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。

情報が氾濫しているダイエット業界ですが、いろんな情報に惑わされず、マイペースで自分の体に合ったダイエット方法を見つけましょう。内側から綺麗になる。食べて痩せるそこは本当の美があるのです。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。