セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

にきび治療薬とスキンケア

にきび治療薬とスキンケアの2つが、にきびを治すには不可欠です。にきびが出来るまでは予防としてスキンケアだけでいいでしょうが、ひとたび出来てしまうとにきび治療薬とスキンケアの2本立てでケアしていかなければいけません。

そのにきび治療薬とスキンケアですが、スキンケアではプロアクティブがすごい人気です。もともとはアメリカのにきび治療薬とスキンケアのようですが、日本人の肌に合うように改良されたとのこと。これなら外国製だと不安になることもなく、にきび治療薬とスキンケアとして安全に使用できますね。

にきび治療薬とスキンケアではやっぱり一番大事なのは洗顔です。そう言うと、1日に何回も洗顔をする人がいるのですが、特に脂性の人とか。ところが洗いすぎもかえって肌によくないのです。洗いすぎると皮脂までなくなるのですが、そうなると肌が余計皮脂を出そうとしてしまい、にきび治療薬とスキンケアの意味がなくなります。にきび治療薬とスキンケアの意味がなくなるというのは、ますますにきびの出来やすい肌になってしまうからなのです。ほとんどの人は洗顔は朝と夜のみだと思いますが、にきび治療薬とスキンケアが必要なにきびが出来ている人でも洗顔はそれだけでよいのです。洗顔はあくまできめ細かい泡をたてて、やさしく包み込むようにして洗うこと。洗顔のあとも、ゴシゴシとふき取ってはいけません。押さえるようにしてやさしく水分を取ってください。

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。