セレブとは、「celebrity(セレブリティ)」の略で、著名人や有名人のことを指すが、「セレブ」や「セレブ御用達」といった表現は、1990年代後半から見られるようになり、主に海外の有名モデルや有名女優のことを「セレブ」といい、彼らが身に着けるアイテムやグッズを「セレブ御用達」といわれた。近年では、単にお金持ちになることや高級ブランド品を身に着けることを「セレブになる」といわれている。さらに最近では、元々の語源の意味が拡大解釈され、抽象的なイメージ表現として言われるようになってきた。
「綺麗になれるキャッチコピー」のヒミツをそっと教えます。キャッチコピーを紙に書く!これには理由があります。紙に書くと指から脳へ伝わり一度書いたことはあなたは忘れたつもりでも脳の片隅にはちゃんと記憶されています。脳は一度記憶されるとその通りに実行しようとします。つまり、あなたが無意識でも脳は常に意識し、綺麗になろうと脳が考え脳は実行しようとするのです。だから、できた「綺麗になれるキャッチコピー」を紙に書くことで脳に記憶させ、無意識のうちに綺麗になることができるのです。綺麗になりたいあなた、毎日キャッチコピーを作って紙に書きましょう。
お名前さんの

豊胸手術の種類

豊胸手術って一度は耳にした事がありますよね。

例えば、シリコンバッグ・ 食塩水バッグ ・ ヒアルロン酸注入(プチ豊胸)・ 脂肪注入・ 脂肪幹細胞注入 ・コンデンスリッチファット注入があります。

シリコンバッグは、シリコンを胸に埋め込む手術で、この手術にはデメリットもあって、乳癌になりやすい、ボールのような不自然な真ん丸な円形になるということがあげられています。

食塩水バッグは、生理食塩水(液体とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液)が注入されたバッグを胸に埋め込む手術です。

ヒアルロン酸注入(プチ豊胸)は、ヒアルロン酸を乳房に注入する手術で、効果は一時的で再注入を要することからプチ豊胸といわれています。

脂肪注入は、自分の脂肪を吸引して皮下脂肪を乳房に移植する方法で、この方法だと豊胸バッグがレントゲンに映らない為、近年では注目されているようです。注目の裏には、誤診されるなど問題もおきているみたいです。

脂肪幹細胞注入は、脚部・腹部などの脂肪から幹細胞を抽出して残りの脂肪と胸部に移植する方法で、脂肪注入と比べて定着率は高く、患者自身の細胞からの移植や、画像診断に影が映らないなどと注目されています。

コンデンスリッチファット注入は、自己体内から抽出した皮下脂肪を、ウェイトフィルターで脂肪に含まれる不純物を除去して健全な脂肪のみを乳房に移植する方法で、脂肪幹細胞注入と比べて脂肪の定着量が多く、コンデンスリッチファットを抽出する機械は、アメリカのFDA認可を受けています。

シリコンバッグ・ 食塩水バッグは胸にバッグを埋め込むため、ワキの下を切開する必要があります。なるべくなら自分の体にメスは入れたくない!と思われたり、豊胸手術に対して抵抗をもっている方も少なくないと思います。そんな方には、ヒアルロン酸注入・脂肪注入・脂肪幹細胞注入・コンデンスリッチファット注入がお勧めです。


前島式バストアップダイエット〜食事に気を付けることなくバストアップもダイエットも同時に出来るトレーニング

前島式バストアップダイエット〜食事に気を付けることなくバストアップもダイエットも同時に出来るトレーニング

⇒前田流”O脚矯正プログラム”

posted by セレブ養成塾 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バストアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。